ドリームX-成功する不動産営業支援ツール、システム、ソフト

9割の導入会社が売上を伸ばしたネット不動産成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

毎日更新する窓カンバン

閉店間際3組、5人のお客様で溢れました。夕方になると映像がクッキリの窓看板をご覧になりご来店でした。

鍵の手配の都合で2組が週末再来となりました。

その中の一人は「以前から気になっていた。よく見ると毎日表示される部屋が変わっていることに気がついた。この店なら期待できる」とこちらも毎日更新が評価されました。

「今度はホームページをご覧下さい。99%在庫確実ですから」と名刺を渡しました。

お客様を増やしている店と減らしている店、売上げが増えている店、減らす店。経営者のちょっとしたモチベーションの差にあるような気がします。

お客様が行って見たい店、入って見たい店。それを一瞬にして表現すること。

ホームページも同じ。

「おっ!良いね。行って見ようか、入って見ようか」。

そんな店作りを一緒に考えて見ましょう。

スポンサーサイト

PageTop

ネット時代の不動産賃貸営業

「動画が少ないですね」と昨日ご予約でご来店されたお客様からのご指摘でした。かなり痛いところをつかれました。

当社にある動画対応物件のストックは260件。現在、動画が見れる空室が8件。動画の成約率は群を抜いています。

たしかにYAHOOやプロバイダのサイトでも映画やニュースが動画で見れることを考えればお客様は「何で動画が少ないのだろう?」と思いますね。

部屋止め(成約済物件)にある動画の物件をご覧頂くと「この部屋が空いたら教えて下さい。そんなに急いでいないので・・外から見たことあるけどこれなら申し分ない」と。

実際に内見しなくても接客が苦にならない時代、数年前と接客スタイルが完全に変わってしまいました。

ドリームワンの佐伯君へ「気になる物件(部屋止め)をチェックしておいて、空室になったらお客様に自動的にメールする機能を作って欲しいな!」。(こう言っておけば彼はやるのです)

こんなマッチング&メールなら是非使ってみたい。(当社ではマッチング&メールは殆ど使っていない)

前回大好評だったドリームX説明会を10月20日(木)13:30~午後開催致します。ご興味ある会社様は是非ご参加下さい。但し定員12名先着となります。

PageTop

勢い

「おかげ様で問い合わせが増えています」と信和不動産の小林社長から嬉しいお電話を頂きました。

ドリームX導入会社様は第2繁忙期で忙しくなってきました。外観や間取検索、店頭での物件毎のQRコードが評判になっています。

携帯からのアクセスがグングン伸びています。成約の1/4は携帯からのお客様です。

携帯は見逃せない。この手法は同業者でもドリームX導入会社様以外には教えてたくない。そんな気持ちが高まっています。

それにしても携帯の勢いはすごい。

PageTop

残り9日で目標達成だ!

今月は月初から店舗事務所が売上の大部分を占めているので気が緩んだのか中頃に気を引き締め、今月の目標達成プログラム再作成しお客様へ強烈にアプローチ。

お蔭様でお客様のご案内が増えてきました。何とか賃貸居住用の目標を達成したいと意気込んでいます。

ドリームXの新バージョンの試験サイトもうご覧になりましたか?。当社の物件情報から気になる物件に複数チェックしカートに入れカートを「全てを見る」とすると物件を条件で一覧比較できます。試してみて下さい。11月のバージョンアップで対応します。

ケータイオフィス機能の説明を動画でご覧頂けるように作成します。ケータイで図面を持ち歩くケータイさえあれば会社に居なくても全てができる機能をご覧頂けます。お楽しみに!。

PageTop

ペーパーレス

「紙が捨てられない」と店内にあるたくさんの物件チラシに頭を悩ますA社長様。

当社ではマイソクやアットホームのチラシはスキャナーで読み取ると回収箱へポイ。
ドリームXの「原図」ファイルへ全て入れてます。1枚約70~80KBととても軽いのでPCにもやさしいです。

時にはレインズの賃貸物件を管理会社へ頂く際は「今チラシ作成を頼んでいるのでウチにはないのでアメドリに残っているチラシをFAXで送って欲しい」とお願いされることも度々。

店内からチラシを無くすことは決断しなければできません。現在あるチラシをPCに残すには時間が必要ですがシステムと連動すれば効率化は計れます。

店内がスッキリすると気持ちが良いです。何より広々とします。膨大なチラシデータはワンタッチで瞬時にディスプレイに表示され案内の際に印刷して持って行けばいいのです。

全員で共有できます。便利ですね。

PageTop

ネット不動産の消費者心理

アクセスログを解析すると「そろそろシングルかな?」と深刻ではありませんが疑問を抱きながら過ごしています。

と言うのもファミリーのアクセスがシングルに比べて少ないのに問い合わせは断然ファミリー。シングルの希望条件登録が多くなりました。

そう言えば6月中旬からシングルは物件以外はほとんど入力していない。物件の内容はファミリーにはかなわない。ファミリーはとても充実してます。

お客様は物件の質を見ているのです。

つまり「物件を見てみたけれど希望する物件がない。予約するほどでもないけど仕方ないから期待はしていないけど希望条件でも入れてみるか」。

アクセスが問い合わせが少ない。インターネット不動産成功の3Qですよ。

PageTop

「ドリームXのお陰で成約も多くなりました」

ドリームX導入の導入がありましたので次いでと言う訳ではありませんがセイシンハードウェア様を訪問しました。

矢野部長は店舗物件の申込受付中で相変わらず忙しそうでしたが10分程お待ちしてお話しさせて頂きました。

1月の導入、4月の勉強会以来でしたがお互いに「日記で毎日お会いしている気分」と久しぶりの再会も違和感がありませんでした。

「ドリームXのお陰で成約も多くなりました。11月2日の勉強会でバージョンアップ情報と皆様にお会いするのが楽しみ」といつもながら前向きで紳士的で素敵な方です。

30分位でしたが爽やかな気分になりました。そんなオーラを持つ矢野部長様に感謝です。

「本当に店内にチラシが無いね」と近郊から同業の社長様がご来店。店長が契約立会いで不在の中、窓カンバンをご覧になったお客様が飛込み来店。

社長様に接客を観察されながら緊張しましたが2物件を案内することに。社長様に留守番を頼むわけにも行かず・・・。

「じゃまた来ます」と気遣う社長様。残念ながらお申込は頂けませんでした。

9月は本当に忙しいんです。

18時からドリームXのデモ。帰宅は10時でした。充実した?一日でした。

PageTop

講師デビュー、第1回ドリームX説明会

昨日は第1回ドリームX説明会。午前午後の2部制でしたがどちらも席が足りなくなる満席でした。

「繁忙期、賃貸担当3人で1~3月で350件成約」ドリームXスーパー成功者の金子不動産金子社長の講演は迫真あふれ見ごたえ聞きごたえがありました。

ドリームワンの佐伯CTO、川崎COOが講師デビューしました。最初はちょっと緊張気味でしたが冷静沈着な説明に皆さん頷いておりました。若い二人の成長が楽しみです。

携帯オフィス機能とカート機能、接客機能の驚く視線を熱く感じました。

携帯オフィス機能は
1)お客様からの問合せ内容が瞬時にケータイへ転送。
2)物件詳細(物件名、住所、間取、面積、業者名、連絡先)と画像(外観、内観)と現地地図表示

を目の前でお見せするとさすがに参加者の全員が驚いていました。

「この機能だけで充分だ」「これだけでも価値がある」と高い評価を頂きました。

「第2回ドリームX説明会」は10月20日(木)13~16時です。今回ご参加できなかった方はお待ちしております。

PageTop

ドリームXスーパー成功者の講演

選挙結果は予測通りとは言えビックリです。改革のスピードに期待します。

昨日は朝一でドリームXを導入するカインドエステート大久保社長と波津久店長がご来店されました。

日曜日は11時開店なのでお待ち頂き失礼しました。直営店3店舗に導入です。今から期待が膨らみます。

秋から年末に掛けてドリームXのデモ・導入が加速しそうな雰囲気です。導入には1ヶ月ほど要します。インターネット不動産は認知されるまで数ヶ月掛かります。お早目のご導入をお勧めいたします。

9月15日のドリームX説明会に「金子不動産の金子社長様の特別講演」急きょ決定しました。今年の繁忙期1~3月の3ヶ月間で賃貸担当者3人で350件の成約を達成、今年の年間目標800件を射程距離に収め、来年は1000件を目指すドリームXスーパー成功会社様の講演です。ご期待下さい。

午前の部に若干の空席がございます。お早めにお申込下さい。

PageTop

アクセスの4割がケータイ

9月になってアクセス、問合せとも急上昇しています。問合せメールが毎日コンスタントに入ってきています。更に飛込みのお客差様も多くなりました。結構忙しい毎日です。

昨日も私のケータイへ火曜日にご案内した店舗にお申込を頂きました。店舗のお客様もネット経由でした。

飛込みのお客様のほとんどが窓カンバン。視覚に訴えると言うのは面白いですね。

ケータイアクセスは全体の約4割(37%)近くあり、主流がPCからケータイへ。問合せメールの半数がケータイになっています。ケータイサイトが見やすいと好評です。

秋にリリースされる新バージョン「物件比較」はかなり良いですよ。期待して下さい。

PageTop

規制緩和

「郵便局は民営化で職員がリストラされてもコンビニや不動産仲介ができる」と民営化賛成の党首。
「コンビニ大手、不動産業者も経営が難しいのに無責任な発言だ」と民営化反対の党首。

テレビの党首討論会で言い合っていました。

反対の党首は流通大手会社社長の弟らしい。商売の難しさは賛成の党首より判っているのかも。

郵政民営化で規制緩和が加速しそうです。郵便局が不動産業参入。不動産業の規制緩和はあまり歓迎じゃないけどしょうがないこと。今まで優遇されてきたんだから。得意分野を伸ばさないと生き残れないと言う事か。

コンビニも不動産業もそんなに簡単な商売とは思わないけど・・。

PageTop

ホームページで最優先すること

「アメドリさんのホームページはシンプルですね」と同業社長様からお電話を頂きました。

更に「地域情報やお役立ち情報などは以前は結構あったようですが今はなくなりましたね」。

「ホームページは24時間営業の情報店舗です。お客様は物件情報を見に来ているわけですから物件情報に集中するようになったらアクセスがアップし成約が増えました」。

「日記はいかがですか?」。
「日記読者は大部分が同業者、アクセスアップは多少期待できますが売上げにあまり変化はないと思います」。

「ドリームXを他社が近隣で導入されると嫌じゃないですか?」。
「ドリームXは設備特徴項目、自社の強みを自由に設定できます。住宅専用サイトはそれができない。ドリームXは近隣導入で相乗効果が認められています。むしろ住宅専用サイトが近隣で増えると嫌だと思いますが」。

「気が楽になりました。要するに物件情報なんですね」。
「そうです。物件情報の正確さ、量、掲載のスピード、対応のクイックレスポンス。写真の枚数です。そしてこれからは動画です」。

「ありがとうございました。9月15日、ドリームX説明会に必ず行きます」。
「お待ちしております。お早めにお申し込み下さい」。

PageTop

来店率8割、成約率5割。予約を増やす方法

「マッチング&メール機能は良いと思うけど集客につながらない。ドリームXも同様の機能があるそうですがアメドリさんはどうですか?」と社長様からお電話がありました。

「ドリームXのマッチング&メールは御社がご利用のシステムより優れていると思いますがアメドリでは約2年前から殆んど使っていません」。

「えっ!どうしてですか?」と社長様。
「営業はアナログが一番です。マッチング&メールはデジタル営業。条件で自動的にマッチングしてメール送信で感動しなくなりました」。

「じゃあ アメドリさんではどんなことを?」と社長様。
「物件番号で来店予約が最も効果があります。来店率7割、成約率5割位ですね」。

「どうしたら来店予約を増やせるのですか?」と社長様。
「ホームページ→ワンクリックで希望する駅の物件情報→条件で検索・絞込み→カートへ→更に別の駅で
条件で検索・絞込み→カートへ→複数物件をまとめて問合せ来店予約となります」

「検索・絞込みとカートですか?」と社長様。
「その機能がないと予約は難しいですね」。

9月15日に開催されるドリームワンでのセミナーに参加されることになりました。
お会いするのが楽しみです。

PageTop

窓カンバンで売買のお客様が月に3組ご来店

9月になってアクセスがグングン上がってきました。春先のようです。今日、明日、明後日とご予約も頂いています。良い感じです。

9月もファミリー、ペット中心で突き進みます。「吉祥寺、三鷹のファミリー、ペット、店舗・事務所ならアメドリ」です。

そう言えば8月に中古マンションの購入希望者が3組ご来店され売買が活気づいていきました。お盆前にとお盆明けにご来店されたお客様は年内に引越し希望です。"決める"と密かに闘志を燃やしています。

このお客様の飛び込みされた理由が「窓カンバン」でした。本当に凄いです。ビジュアル(視覚)で訴える営業を見直しませんか?。 他社がやる前に。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。