ドリームX-成功する不動産営業支援ツール、システム、ソフト

9割の導入会社が売上を伸ばしたネット不動産成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

30分で数件の外観写真を撮影するテクニック

もし。お客様のご来店が突然キャンセルになって30分の空白時間が発生しました。
天気は快晴、絶好の物件写真撮影日和です。
あなたならどうしますか?。サボる?。それもナイスです。

そんなあなたにドリームXからステキなプレゼントがあります。
それは入力済み物件から
1)ある地域を限定して(例:本町1丁目など)
2)「外観」写真が「ない」物件を
探し出す機能です。

画像のように物件入力画面の検索項目「リソース」で
3)「外観」が「ない」→「検索」
4)「住所」で「本町1」→「検索」
で絞り込んでみて下さい。
ホラ。本町1丁目で外観がない物件だけリストされました。

これなら物件までの距離もありますが30分で数件の外観写真を撮影ができます。
ドリームXは不動産会社にとても優しいネット集客支援システムです。
だって、現役の不動産会社と導入会社様のアイデアで開発されていますので。
ぜひ、あなたの会社の業務効率化にお役立て下さい。
ご興味がございましたら、メッセージでも結構です。
お気軽にお問い合わせ下さい。
ドリームXのご紹介

スポンサーサイト

PageTop

大家さんと入居者のエージェント

【大家さんと入居者のエージェント】
今日は都心から離れた大地主が多い地域の不動産会社様を訪問しました。

「昔は銀行から返済を迫られると現金で完済する大家さんが多かったけど、最近は空室が増えると返済に苦しむサラリーマン大家さんが増えている」と語っていました。

最近は経営破綻するサラリーマン大家さんが増えているそうです。
不動産会社は大家さんと入居者のエージェントとしての役割が強く求められる時代になりました。

PageTop

空室1千万戸、空室率2割時代

【空室1千万戸、空室率2割時代】
空室が埋まらないと嘆く大家さん。
来店客が少なく大家さん離れに悩む老舗管理会社。

総世帯数 5千万 < 6千万 居住用住戸
平成25年、つまり今年
わが国の居住用住戸の約1千万戸、約2割が余っている計算になります。
そしてこの空室率は年々上昇しています。
人口(需要)が減少しているのに
住戸(供給)増え続ける。
空室が多いのは当たり前です。

好景気の後押しもあり今は賃貸、分譲とも建設は好調です。
新築ラッシュが続くと空室は増え続けます。

多くの不動産会社様を訪問して社長様や従業員とお会いしました。
近頃はたくさんの大家さんともお会いする機会があり、またFacebookでお友達になり意見交換や大家さんが主催するセミナーにも数多く顔を出すようになりました。

賃貸居住者と大家さん。
厳しい状況は居住者より一見お金持ちと思われている大家さんかも知れませんね。
そして、今は満室経営の大家さんもやがては・・。

今こそ、大家さんと不動産会社が同じ方向を向く時です。
大家さんと入居者、売主と買主との良好な関係を作る役目が不動産会社ですから。

空室でお困りの大家さん。
集客でお困りの不動産会社様。
今こそ協力しましょう。

良好な関係を築き上げ理解して信頼を深めるためにもお互いが積極的にお会いして意見交換が必要です。
明るい日本の不動産業界を築きたいと願います。

PageTop

1駅50物件からはじめよう(6ヶ月間)

ある会社様から自社サイト活用方法のご相談がありましたのでご提案しました。
あなたの会社でもいかがですか?。
これなら継続できるでしょう。
半年後はかなり反響があるはずです。
貴社サイトに質とストーリーがあればお客様はお問合せします。

■基本登録
取扱駅またはエリア 1駅(1エリア・自社周辺がベスト)
掲載数 50物件(シングルかファミリー限定)

■物件詳細
写真枚数 1物件30枚(外観5枚、内観20枚、周辺環境5枚)
コメント 700字(物件の長所、短所、近隣環境など)
間取図はカラーで再作成(できれば寸法入り)

■SNS転送
ブログ(10サイト以上)
YouTube(スライドショー・詳細物件へリンク)
Facebookページ(個人FB厳禁)

■週間必須業務
物件確認(毎週金曜日・繁忙期は週2回以上)
物件確認データ集計(駅・間取・家賃帯)

■7ヶ月以降12ヶ月の目標
掲載数 100物件に増量(残りのシングルかファミリータイプ選択)

■1年後の目標
取扱駅またはエリア 2駅(2エリア)
掲載数 200~300物件

先ずは足元をしっかり固めて、将来へ向けて階段を登りましょう。
人生はマラソンレースです。
小さくてコツコツ頑張る街の不動産会社様を応援しています。
焦らず慌てず諦めずいきましょう。

誰にでも応援シェアできるFacebookは私たちにとって魔法のツールです。
まずは人を励ますこと応援することから始めよう。

PageTop

賃貸不動産店の1日(金曜日)

【賃貸専門店の金曜日】
AM09:00
出社、清掃、朝一でパソコンのスイッチON。メールチェック送受信。

AM09:30
朝礼

AM10:00
店内営業開始。
ドリームXを立上げ「毎日の更新」でホームページの日付を今日に。

AM10:10
物件確認の金曜日。物件確認シートをプリントして
今日は300物件、200社だ。4人で手分けすれば30分で終わる。
楽チンだ。

AM10:30
スタッフで物件確認シートを手分けして管理会社へ物確開始。
店長から「ご紹介可能物件をFAXで頂くように御用聞きを忘れずにね」と念押しあり。

AM11:00
物件確認が終わったら成約済み物件をドリームXで「部屋止め」処理。
この時期は、家賃の値下げ変更も多いので修正変更処理も忘れずに。

AM11:30
店長は夜の営業会議資料を作成する。内容は
今回の「部屋止め」物件を「駅」「間取」「家賃帯」で集計と
1年前とそれ以前の「物件確認」データを分析して、
顧客動向やホームページ入力物件の優先順位を決め、
営業会議で全スタッフと共有するために作成する。

PM00:15
昼食だ。今日は松屋の牛丼の大盛りとサラダだ。ワンコインだ。
お徳だ。

PM01:30
昼食後、数日前から天気予報を見て予定していた「物件撮影」に出掛ける。
デジカメのバッテリー、SDカードはチェックしたぞ。GO!!。
室内写真は広角レンズを使って、膝まづいて子供や女性目線で撮影だ。
デジカメなのだから、とにかく脇を閉めて手ブレを抑えてバチバチ撮ろう。
なんかプロカメラマンになった気分だ。
部屋を出る時は、戸締りをしてブレーカーを落とすのを忘れないことだよ。

PM03:30
写真撮影が終了したら、帰社して写真をドリームXに取込む。
自動サイズ縮小機能があり複数画像の取込もできるので楽チンです。

PM04:30
新着物件入力。今日は新規1物件、部屋止め復活が3物件だ。
入力物件はワンタッチで10個のブログ、YouTube、Facebookへも転送完了。
これで複数キーワードや物件名、会社名などのSEO対策も万全。
入力物件は店長が今回、過去の物件確認データで決めてくれている。
店長の「目利き」が反響・来店を左右する。

PM05:30
週末のお客様へのご案内確認の電話連絡とお問合せのお客様へご来店を促す営業電話をします。
デジタル時代でも声によるアナログの電話が一番なのですよ。
「あなたで決めたい」と言われるのが不動産営業の醍醐味です。

PM06:00
店内営業終了。

PM06:30
営業会議
週末の予約状況や来店予測、来店催促の確認等。
現在の営業結果と営業目標と対策。
物件確認データによる、顧客動向と予測を全社で共有して1時間で終了した。

あるドリームX導入会社の最も忙しい金曜日の一日です。
この他に、電話や接客、ご案内、大家さん営業などもございます。
不動産会社で働くことはとてもステキなお仕事ですね。
ご参考までに。

PageTop

クチコミブランディング

なぜ?、あの小さなお店にあんなに客がやって来るのか?
それはクチコミブランディングです。

都心の駅から歩いて10分。
母親が社長、売買担当の息子と賃貸担当の娘の3人の会社。
自社サイトをスタートして9ヶ月。
売買の成約が月に1~2件。
賃貸仲介が月に3~5組。
来客、成約は毎月増え続けています。

使っているのは、
自社サイトとSNS(Facebook、複数ブログ、YouTube)のみ。
「今年になってFacebookを見たと云うお客様が増えている。ジワジワと広がっているのが分かります」と言う。

ポータルサイトなどの広告を使う予定はないと言い切る社長様。
SNSは即効性は乏しいですが、時間の経過と共に飛躍的に拡大します。

SNSは「クチコミブランディング」です。
クチコミがあなたの会社やお店の知名度を高めてくれます。
お金を掛けなくても、マスコミに登場しなくても。

目先も大切です、でも数年後輝いているために。
さぁ~、SNSを使って情報発信して、会社・お店をブランディングしませんか?。
いつからやりますか?。今でしょ!。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。