ドリームX-成功する不動産営業支援ツール、システム、ソフト

9割の導入会社が売上を伸ばしたネット不動産成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仮説検証型物件登録

自社サイトの物件登録に基準を設けて反響や来店客を増やす不動産会社様が増えています。

「空室は片っ端から入力する」雑貨店形式の物件登録には写真撮影や物件確認作業などのメンテナンスに限界があります。

そこで下記のような効率的で効果が高い「仮説検証型物件登録」をオススメします。
1)物件確認やアクセス解析データを元に仮説を立てて、登録する物件を決定します。
2)仮説に基づき物件を入力して発信を続けます。定期的
(毎週)に物件確認も行います。
3)自社サイトのアクセスデータと物件確認のデータを地域、間取、家賃別に集計します。
(とても簡単です。数分で完成、5月15日の勉強会でお教えします)
4)仮説と検証結果を比較します。

上記1)から4)までを何度も繰り返すのです。
そして自社サイトを最適化をします。

物件確認データはあなたの会社の集客力に最重要なデータなのです。

個人Facebook

電子書籍「不動産ネット集客の教科書」
iPhone版
Android版

ネット集客システム(月額3万円)
ドリームX(賃貸版)
アイドリーム(売買版)

ドリームワンサイトポータル

スポンサーサイト

PageTop

宮崎県の不動産会社様が繁忙期過去最高の成約と売上を達成

【宮崎県の不動産会社様が過去最高の成約と売上を達成】
導入6年最高記録更新中
一昨日、宮崎県日向市のERA大成不動産の松浦部長から携帯に連絡がありました。
「お陰様で今年の1~3月は過去最高の成約と売上を更新しました。2月以降、連日の来店と成約ラッシュとなりました」。

大成不動産様の3月のアクセス推移のグラフをご覧下さい。
青線は重複のない純粋な閲覧人数、赤線は閲覧回数です。
実は1月中旬にアクセスが多い(日ユニークアクセス200人)のに反響と来店が少ないとご相談がございました。
今までのデータによると繁忙期は反響と来店はアクセスが増えてから10日~2週間後にやってきます。
「お客様はそこまでやって来ている。今しばらくの辛抱です。これまで通りのやり方を継続して下さい」とお伝えしました。

ドリームXを導入して6年目。
松浦部長は毎年1回、ドリームXの完全マスターの受講で東京に出張します。
「ドリームXの操作方法もお客様の動きも分かり切っているようで、毎回新しい発見があります。ネット集客は奥が深い」と部長は言います。

人口6万4千人、2万5千世帯の地方都市の日向市でこれだけのアクセスを集めています。恐らく今は日向市では地域1番店かも知れません。

「ドリームXを導入した6年前は日向市の不動産会社の中で10位にも入っていなかったと思う。毎月アクセスをしっかり分析して登録物件を精査しています。さらにFacebookとドリームXが連動を始めて1年半、大家さんが次々と募集依頼にやって来ます。宮崎県でこんなに多くの大家さんがFacebookをやっているとは思いませんでした。Facebookで大家さんを囲い込み、自社ホームページで入居者を決める。広告費が全然掛けていない。これからもっとスゴいことになりそうだ」と松浦社長は自信を口にします。

ERA大成不動産様

日頃から時間を掛けてコツコツ努力と分析力と時間がこれまでの結果です。
全国の大家さん、不動産会社の皆様。時代はは大きく変わっています。

個人Facebook

電子書籍「不動産ネット集客の教科書」
iPhone版
Android版

ネット集客システム(月額3万円)
ドリームX(賃貸版)
アイドリーム(売買版)

ドリームワンサイトポータル

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。