ドリームX-成功する不動産営業支援ツール、システム、ソフト

9割の導入会社が売上を伸ばしたネット不動産成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

業物(他社物件)を自社サイトに掲載するには承諾が必要か?

自社サイトに限らず、業物(他社物件)を掲載するには専任の会社や管理会社の承諾は必要です。
当社も初めての管理会社の物件には掲載承諾を頂いています。
特に複数店舗展開の不動産会社の場合は注意が必要です。
店長や責任者が交代した時に前任者の承諾を得ていたにもかかわらず後任の責任者にダメと言われる場合があるからです。
書面で掲載承諾を交わすのがトラブルを避けるには一番ですが店長や責任者交代の場合は、その書面も効果がない場合がありますのでお気を付け下さい。
特に売買物件は賃貸物件以上に配慮が必要です。

但し、掲載承諾をもらう場合、必ず『自社サイト掲載』を強調して下さい。
管理会社によっては
1)ポータルサイトはダメ、
2)自社サイトはOK
が意外に多くあるからです。

それほどの配慮をして自社サイト掲載で先方からクレームがあった場合は
3)低姿勢で謝罪すること、
4)先方の方の名前を聞くことが大切です。
なかには「だったらレインズに載せるな」と事を大きくする会社もあります。
不動産会業界はネットワークビジネスです。
もめ事が近隣の同業者や大家さんへ評判になり悪影響を及ぼすこともあります。

いろんな出来事があっても日頃から定期的行っている
5)物件確認が解決する場合が多々あります。
物件確認は同業者とのコミュニケーションの場でもあります。
承諾をもらったつもりで、または承諾をもらう前に間違えて掲載した時も
物件確認を定期的にやっていたお陰で何度もトラブルから救われたことがあります。
そうなんです。物件確認は不動産会社にとってどんな時でも万能薬なのです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

山村正の一言発言

これは驚きました!

山村正 | URL | 2012-11-30(Fri)18:50 [編集]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013-01-23(Wed)14:45 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。